放射線科

Radiology Department
​放射線科 部門紹介

野田病院 放射線科では患者様を中心とした医療の提供を心がけ、安心して検査や治療を受けて頂けるよう、まごころと優しさを持って接するよう努めております。
検査について質問がある方、医療での放射線に対して疑問を持たれた方は、遠慮なくお声掛け下さい。

X線撮影 Radiography
X線撮影

レントゲンとも言われる検査です。迅速にかつ簡易的に体を検査することができます。
肺の内部や骨折の有無など、得られる情報はとても多く、放射線科でも一番件数の多い検査です。

MRI Magnetic Resonance Imaging
MRI

磁力を用いて体の断面(輪切り)を撮影する検査です。大きな磁石の中に入って検査をするため、体の中に金属が入っている方は、検査が出来ない場合があります。
検査時間は部位によりますが、数十分程度で工事現場のような少し大きな音がします。
当院ではオープン型MRIを採用しており、狭いところが苦手な方でも負担が少なく検査を受けていただけます。

透視検査 Fluoroscopy
透視検査

X線を使って体をリアルタイムに観察しながら、撮影や治療を行います。バリウムなどの造影剤を使って消化管の状態を観察したり、内視鏡を併用して胆石症の治療を行うなど、様々な検査や治療を行っています。

CT computed tomography
CT

X線を使い体を断面(輪切り)に撮影することが可能な検査です。断面的に取ることにより、体全体の具体的な構造を把握することに役立ちます。
また撮影した画像を再構成することで、立体的に血管や骨を映し出すこともできます。

その他
その他設備

骨の強さを測定する「骨密度検査」、乳房を撮影する「マンモグラフィー検査」、病棟や手術室など移動が難しい方のレントゲンを撮る「ポータブル撮影」など、その他にもさまざまな検査があります。
また、在宅診療を受けられていて病院に来ることが大変な方に対しては「訪問ポータブル撮影」もおこなっております。